「シナリオ構築の仮説」の記事一覧

万能の梃子=百江なぎさ説

久々に物語世界の読解など。 ぶっちゃけた話、百江なぎさって映画館で観てる時は「マミさんのパートナーを新規で出し・・・

普遍性と個有性の分離

あの円環の理と鹿目まどかが分裂するシーンは、何故これほど衝撃を与えるのか? 「善と悪」或いは「幸福と不幸」の二・・・

メロドラマ要素としての「幸せだった」

「それだけで充分に私は幸せだった。」 「もう行くわ。」の直前にほむらちゃんが語るこの台詞は、まどか☆マギカ全体・・・

模倣不可能な「構造」

今日のコンテンツ産業において、「おおよそ真似することができないもの」を創るのは非常に困難なことの一つである。 ・・・

新たなるさやかのテーマ=”misterioso”

misteriosoは、まどか☆マギカの挿入歌にしては珍しく「希望にまっすぐ向かう曲」である。 ある意味、王道・・・

せつなさを渇望する人への魅惑

「せつなさ」はまどか☆マギカシリーズを彩る重要な、非常に重要な要素だと常々想っている。 暁美ほむらには「さだめ・・・

正しさの暗喩としての巴マミ

ほむら改変後の世界に漂う言いようのない不安定な感じは、ほむら自身の「よって立つ正しさを持たないが故の不安感のあ・・・

まどか好きの耳を射るピンクの矢

叛逆の物語では「象徴」である鹿目まどかさん。想像してたより出番も台詞も多く、今回は泣くことなく笑っている事が多・・・

理解者の暗喩としての佐倉杏子

最終的にはそうならないとはいえ、最もほむらを理解し得る可能性が高かったのが佐倉杏子、である。 「魔法ってのは徹・・・

「私はこの世界で。。」の心情【解釈二種】

ほむら「やめて。もうやめて。。私はこの世界で死ななきゃならないの。。」→さやか「だぁかぁらああ」と続くシーンで・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ