ご無沙汰やったな、QB。

私「よっ。ちょっとご無沙汰しててすまんかった。」

QB「お、二次創作も終了してここにはもう来ないんじゃないか、と思ってたけど。」

私「んな訳ねーじゃん。管理人の叛逆の物語の定義を読めば。。それに、この仮想人格の出発点にはココが一番丁度いいんだよ。」

QB「ふーん。で何してたのさ?」

私「いや、二次創作の最後を書いてから別のハンドルネームでサイトつくったりしてたんだよ。ただな。。」

QB「ただ?」

私「どーも、自分特有の濃厚さみたいなものがなかなか出て来なくてさ。これって何でだろう?と思ってたら、やっぱ最近ここに立ち寄ってないのが原因だと思う。」

QB「君なりのエントロピーの超克って訳かい?」

私「まあ、そんなとこやな。なんかさ、こう。。もの足りないんだよ!やっぱまどか絡みがないと、さ。」

QB「と、言うと?」

私「うーん。。自分にとってはウェブサイトって要するに『自己表現』と深く結びついてるんだと思う。ビジネスに結びつこうとつくまいと。ただ『自己表現の場』ってのは必要、かな。」

QB「その一つがココって訳か。」

私「そう。意外かもしれないが、その『場』さえあればそれでいいんだよ。誰がみようがみるまいが、ね。その題材として自分の場合はまどかが1番ふさわしい、と思うんだよ。」

気に入ったポストとかあれば、リツイートとかブックマークとかよろしくデス。

サブコンテンツ

このページの先頭へ